Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社

問題の端末は、メールで誘導された外部サイトより、マルウェアをダウンロードしたことを10月25日にネットワークで検知。ネットワークから切り離し、セキュリティ対策ソフトによるスキャンを実施したが、その時点でマルウェアは検出されず、ネットワークに戻してそのまま利用していた。

流出した可能性がある情報の不正利用は確認されていない。SIFでは対象となる顧客に対し、説明と謝罪を進めている。また新生銀行では、所管する官庁へ事態を報告。同行やグループにおいて、他端末のマルウェア感染は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も