Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加

A10ネットワークスは、DDoS対策用アプライアンス3製品を11月末より国内向けに提供を開始する。

20161024_at_002.jpg
Thunder 14045 TPS

ハイエンドモデルとなる「Thunder 14045 TPS」は、サービスプロバイダやオンラインゲーム事業者、クラウド事業者などの利用を想定したアプライアンス。

300Gbps、440Mppsのスループットに対応し、クラスタ構成により2.4Tbpsまで拡張することが可能。100Gビットイーサネットおよび40Gbイーサネットインターフェイスをそれぞれ4ポート搭載したほか、冗長電源を装備している。

20161024_at_001.jpg
記者会見に登壇した同社マーケティング部部長の高木真吾氏

またエントリーモデルとして、2Gbpsに対応した「Thunder 840 TPS」を追加。可用性に考慮し、ハードウェアバイパス機能を搭載したモデルも用意した。

さらに、VMware ESXiおよびHyper-Vに対応した仮想アプライアンス「vThunder TPS」を提供する。価格はアプライアンス、仮想アプライアンスのいずれもオープン。

あわせて同社は、DDoS攻撃の緩和などについてアドバイスを行う「A10 DSIRT」によるサブスクリプションサービス「A10 脅威インテリジェンスサービス」を2017年中に開始する予定。

(Security NEXT - 2016/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に