Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発

KDDIとKDDI総合研究所は、SIMを活用したIoT機器向けの暗号鍵管理技術を開発した。機器の遠隔保守なども実現するという。

同技術は、SIMの中にIoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を安全に発行するもの。カード形式のSIMと、組み込み用途のeSIMの両方に対応する。

無線通信による遠隔操作で、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを設定、解除することができ、IoT機器自体の遠隔操作やソフトウェアのアップデート、暗号鍵の遠隔保守にも対応。

監視カメラなどのIoT機器に対する遠隔保守や通信の保護、家電製品のリモートアップデート、スマートフォンによるIoT機器の操作など、応用が可能だという。

(Security NEXT - 2016/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業