Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発

KDDIとKDDI総合研究所は、SIMを活用したIoT機器向けの暗号鍵管理技術を開発した。機器の遠隔保守なども実現するという。

同技術は、SIMの中にIoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を安全に発行するもの。カード形式のSIMと、組み込み用途のeSIMの両方に対応する。

無線通信による遠隔操作で、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを設定、解除することができ、IoT機器自体の遠隔操作やソフトウェアのアップデート、暗号鍵の遠隔保守にも対応。

監視カメラなどのIoT機器に対する遠隔保守や通信の保護、家電製品のリモートアップデート、スマートフォンによるIoT機器の操作など、応用が可能だという。

(Security NEXT - 2016/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性