Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発

KDDIとKDDI総合研究所は、SIMを活用したIoT機器向けの暗号鍵管理技術を開発した。機器の遠隔保守なども実現するという。

同技術は、SIMの中にIoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を安全に発行するもの。カード形式のSIMと、組み込み用途のeSIMの両方に対応する。

無線通信による遠隔操作で、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを設定、解除することができ、IoT機器自体の遠隔操作やソフトウェアのアップデート、暗号鍵の遠隔保守にも対応。

監視カメラなどのIoT機器に対する遠隔保守や通信の保護、家電製品のリモートアップデート、スマートフォンによるIoT機器の操作など、応用が可能だという。

(Security NEXT - 2016/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業