Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品に新版

キヤノンITソリューションズは、サービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新版を10月20日より提供する。

同製品は、メールのフィルタリングやアーカイブ機能などを備えたサービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品。サービスプロバイダでは、管理者として各テナントを管理することが可能。

新版では管理画面やレポート機能を見直しを実施。また添付ファイルの暗号化機能や、同報メールにおけるメールアドレスのBCC変換機能、マイナンバーをはじめとした個人情報の検査機能を追加している。

1000ユーザー導入時の場合、年間利用料は134万7840円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール