Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品に新版

キヤノンITソリューションズは、サービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新版を10月20日より提供する。

同製品は、メールのフィルタリングやアーカイブ機能などを備えたサービスプロバイダ向けメールセキュリティ製品。サービスプロバイダでは、管理者として各テナントを管理することが可能。

新版では管理画面やレポート機能を見直しを実施。また添付ファイルの暗号化機能や、同報メールにおけるメールアドレスのBCC変換機能、マイナンバーをはじめとした個人情報の検査機能を追加している。

1000ユーザー導入時の場合、年間利用料は134万7840円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン