Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス

SecureWorks Japanは、アマゾンウェブサービス(AWS)の利用者向けに、セキュリティ上の問題を監視するマネージドクラウドサービスを提供開始した。

同ソリューションは、AWSにおけるセキュリティサービスの監視や脆弱性のスキャン機能を提供するもの。Amazon EC2のサーバインスタンスや、AWS上で動作するファイヤウォールやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を監視。仮想アプライアンス上で脅威情報などとの相関関係なども踏まえて解析し、状況や対策などを通知する。

トラフィックを検査して脅威をブロックする「iSensor Intrusion Prevention System on AWS」の管理や、脆弱性スキャンの管理に対応。「Amazon CloudWatch」や「AWS CloudTrail」などのログデータについてもサポートしている。

また同社は、AWS環境における緊急インシデントへの対応サービスを10月より開始する。同サービスではインシデント発生時にフォレンジック調査を実施。調査結果と推奨案などを報告する。

20160926_sw_001.jpg
同社のサービスメニュー。今回AWS向けサービスを強化した(表:SecureWorks)

(Security NEXT - 2016/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC