Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス

SecureWorks Japanは、アマゾンウェブサービス(AWS)の利用者向けに、セキュリティ上の問題を監視するマネージドクラウドサービスを提供開始した。

同ソリューションは、AWSにおけるセキュリティサービスの監視や脆弱性のスキャン機能を提供するもの。Amazon EC2のサーバインスタンスや、AWS上で動作するファイヤウォールやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を監視。仮想アプライアンス上で脅威情報などとの相関関係なども踏まえて解析し、状況や対策などを通知する。

トラフィックを検査して脅威をブロックする「iSensor Intrusion Prevention System on AWS」の管理や、脆弱性スキャンの管理に対応。「Amazon CloudWatch」や「AWS CloudTrail」などのログデータについてもサポートしている。

また同社は、AWS環境における緊急インシデントへの対応サービスを10月より開始する。同サービスではインシデント発生時にフォレンジック調査を実施。調査結果と推奨案などを報告する。

20160926_sw_001.jpg
同社のサービスメニュー。今回AWS向けサービスを強化した(表:SecureWorks)

(Security NEXT - 2016/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
HDE、クラウド向けセキュリティ強化サービスでサポート対象を拡充
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション