Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Sierra 10.12」を公開 - 脆弱性65件を修正

Appleは、Mac向けに最新OS「macOS Sierra 10.12」をリリースした。同OSでは、新機能の追加やセキュリティ上の仕様変更にくわえ、あわせて65件の脆弱性を修正したという。

新OSでは、「OS X」から「macOS」と名称を変更。音声によるアシスタント機能の「Siri」を搭載したほか、スマートデバイスとの連携、ストレージの最適化など機能を強化している。

またPPTP接続や、「SSLv3」「RC4」などの一部暗号化プロトコルのサポートを終了するなど、セキュリティ上の仕様変更を実施しているほか、あわせて脆弱性を解消した。

対応した脆弱性は、カーネルに関する脆弱性8件をはじめ、認証や暗号化、アプリケーションファイアウォール、そのほかセキュリティ周辺の問題へ対応。

さらにオーディオやフォント処理、Bluetooth、画像処理、ファイル処理など幅広く修正を行っており、CVEベースであわせて65件に及んでいる。

また同アップデートには、同日公開したブラウザ「Safari 10」の修正21件も含まれる。修正した脆弱性は以下のとおり。

macOS Sierra 10.12で修正された脆弱性

CVE-2016-4694
CVE-2016-5768
CVE-2016-5769
CVE-2016-5770
CVE-2016-5771
CVE-2016-5772
CVE-2016-5773
CVE-2016-6174
CVE-2016-6288
CVE-2016-6289
CVE-2016-6290
CVE-2016-6291
CVE-2016-6292
CVE-2016-6294
CVE-2016-6295
CVE-2016-6296
CVE-2016-6297
CVE-2016-4697
CVE-2016-4696
CVE-2016-4698
CVE-2016-4699
CVE-2016-4700
CVE-2016-4701
CVE-2016-4779
CVE-2016-4702
CVE-2016-4703
CVE-2016-4706
CVE-2016-4707
CVE-2016-4708
CVE-2016-4711
CVE-2016-4712
CVE-2016-4713
CVE-2016-4606
CVE-2016-4715
CVE-2016-4716
CVE-2016-4717
CVE-2016-4718
CVE-2016-4722
CVE-2016-4723
CVE-2016-4724
CVE-2016-4725
CVE-2016-4726
CVE-2016-4727
CVE-2016-4745
CVE-2016-4771
CVE-2016-4772
CVE-2016-4773
CVE-2016-4774
CVE-2016-4776
CVE-2016-4775
CVE-2016-4777
CVE-2016-4778
CVE-2016-4736
CVE-2016-4658
CVE-2016-5131
CVE-2016-4738
CVE-2016-4739
CVE-2016-4742
CVE-2016-4748
CVE-2016-4750
CVE-2016-4752
CVE-2016-4753
CVE-2016-4755
CVE-2016-4709
CVE-2016-4710

Safariで修正された脆弱性

CVE-2016-4618
CVE-2016-4751
CVE-2016-4728
CVE-2016-4758
CVE-2016-4611
CVE-2016-4729
CVE-2016-4730
CVE-2016-4731
CVE-2016-4734
CVE-2016-4735
CVE-2016-4737
CVE-2016-4759
CVE-2016-4762
CVE-2016-4766
CVE-2016-4767
CVE-2016-4768
CVE-2016-4769
CVE-2016-4760
CVE-2016-4733
CVE-2016-4765
CVE-2016-4763

(Security NEXT - 2016/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性