Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応

NTTコミュニケーションズは、企業向けOCNサービスのオプションとして、ウェブサーバを保護する「OCN vWAFサービス」を9月20日より提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトの脆弱性を突いた攻撃を通信途中で排除するSaaS型のWAFサービス。ウェブサイトのサービス妨害を狙った「Slow DoS攻撃」にも対応する。

DNSの設定を変更するだけで導入でき、運営サイトやウェブアプリケーションごとに個別にセキュリティポリシーを設定できる管理ポータルを提供。不正アクセスの件数や攻撃の種類を一覧できるレポート機能を用意している。

価格はウェブサーバのトラフィックによって異なり、20Mbpsの基本サービスが月額13万7160円。1GbpsのDDoSプロテクションと1ウェブサイト、ログインプロテクション5ユーザー分の標準サービスが付属する。別途初期費用が必要。

同社では、ネットワーク回線をトラフィックで溢れさせるDDoS攻撃を防御する「OCN DDoS対策サービス」をすでに提供しており、今回のサービスとあわせて展開していく。

(Security NEXT - 2016/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ