Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロダクトキー販売の男性、商標権侵害で起訴

京都地検は、「Windows」に類似する商標を広告上に掲載したとして、大阪府の男性を商標権侵害で起訴した。

警察からの依頼で、商標の鑑定などの捜査協力を行ったBSA|The Software Allianceによれば、男性はオークションサイトでプロダクトキーの販売を行う際に、マイクロソフトが商標を登録している「Windows」に類似した商標を広告上に掲載していたもの。

京都府警らが6月20日に商標法違反の容疑で逮捕。7月11日に京都地検が起訴した。

不正コピー対策を推進するBSAでは、今回のケースについて、「商標権侵害やプロダクトキーの不正販売に対する刑事捜査の弾みになると確信している」とコメントしている。

(Security NEXT - 2016/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラックマニュアル販売時の商標法違反、有罪が確定
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中
顧客のメアド含むファイルを誤ってメールに添付 - ブランディア
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市
相談件数が2000件を突破、ワンクリック詐欺も最多記録を更新 - IPAまとめ
使用済みスマホ、約6割がそのまま保有 - 約2割が業者へ売却
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
8割がマルウェア感染による個人情報流出に不安
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン