Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6割弱がクレカ積極利用の意向なし - 盗難や情報漏洩を懸念

クレジットカードの積極利用に対して半数以上が否定的であることがわかった。盗難や個人情報の漏洩に懸念を抱く声が多い一方、不正対策への認知は進んでいないという。

内閣府が、7月21日から31日にかけて、18歳以上の男女3000人を対象にクレジットカード取引に関する世論調査を行い、結果を取りまとめたもの。調査は個別面接方式で実施し、有効回答数は1815人。

クレジットカードを積極的に利用したいと思うか尋ねたところ、「どちらかといえばそう思わない」(24%)」「そう思わない(33.8%)」をあわせると、57.9%が積極利用の意向はないと回答した。

理由を見ると、「日々の生活においてクレジットカードがなくても不便を感じないから」が55.4%で最多。「予算以上の買い物をしてしまうから」との回答も33.7%にのぼる。

ライフスタイルとの不一致を理由とする声が目立つが、その一方で「クレジットカードの紛失、盗難により、第三者に使用されるおそれがあるから(41.3%)」「個人情報などがクレジットカード会社や利用した店舗などから漏洩し、不正利用されてしまう懸念があるから(35.4%)」などセキュリティに関する懸念の声も少なくない。

20160905_na_001.jpg
積極的に利用したいと思わない理由(グラフ:内閣府)

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ