Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6割弱がクレカ積極利用の意向なし - 盗難や情報漏洩を懸念

クレジットカードの積極利用に対して半数以上が否定的であることがわかった。盗難や個人情報の漏洩に懸念を抱く声が多い一方、不正対策への認知は進んでいないという。

内閣府が、7月21日から31日にかけて、18歳以上の男女3000人を対象にクレジットカード取引に関する世論調査を行い、結果を取りまとめたもの。調査は個別面接方式で実施し、有効回答数は1815人。

クレジットカードを積極的に利用したいと思うか尋ねたところ、「どちらかといえばそう思わない」(24%)」「そう思わない(33.8%)」をあわせると、57.9%が積極利用の意向はないと回答した。

理由を見ると、「日々の生活においてクレジットカードがなくても不便を感じないから」が55.4%で最多。「予算以上の買い物をしてしまうから」との回答も33.7%にのぼる。

ライフスタイルとの不一致を理由とする声が目立つが、その一方で「クレジットカードの紛失、盗難により、第三者に使用されるおそれがあるから(41.3%)」「個人情報などがクレジットカード会社や利用した店舗などから漏洩し、不正利用されてしまう懸念があるから(35.4%)」などセキュリティに関する懸念の声も少なくない。

20160905_na_001.jpg
積極的に利用したいと思わない理由(グラフ:内閣府)

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加