Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、前月比1.8倍に - 類似文面を使い回し、攻撃拡大の可能性

8月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシングの報告件数は801件で、前月を362件上回った。銀行を装ったフィッシングメールや詐欺サイトの増加が影響したという。

20160902_ph_001.jpg
フィッシング報告の推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、8月に寄せられたフィッシングの報告件数は801件。前月の439件から362件の増加となった。

3000件に迫る件数を記録した2016年2月から減少傾向が続いていたが、6月に底打ちし、2カ月連続で増加した。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLは492件だった。240件増と前月からほぼ倍の伸びを見せた。フィッシングに悪用されたブランドは23件で、前月を3件上回った。

8月は幅広い金融機関が標的となっている。報告を受けたフィッシングメールやフィッシングサイトを同協議会が確認したところ、類似の文面を使い回したフィッシングメールが使い回されていた。これまで標的となっていない金融機関に関しても、今後狙われる可能性がある。

また、クレジットカード会社やオンラインゲーム、プロバイダなどをかたるフィッシングメールも見つかっており、あわせて注意するよう同協議会では呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向