Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「パスワード変更完了」と不安煽る「偽ゆうちょ銀」 - 他金融機関の利用者も注意を

ゆうちょ銀行を装ったフィッシング攻撃が確認された。前日確認された三井住友銀行を装う手口と同じ文面を用いており、さらに他金融機関へ拡大するおそれがある。

20160830_ap_001.jpg
確認されたフィッシングメール(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、「パスワードの変更通知」を装った偽メール。利用者の意図に反してパスワード変更されたように見せかけて不安を煽る内容だった。メールの本文には正規URLが記載されているが、HTMLメールであり、リンクによって偽サイトへ誘導される。

前日29日に三井住友銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されているが、メールの本文を見ると、金融機関名や偽装URLの記載のみ変更が加えられているだけで、レイアウトや文面は流用したものだった。同様の攻撃が他金融機関の利用者へ拡大するおそれもある。

すでに今回確認されたフィッシングサイトは停止しているが、フィッシング対策協議会では、今後類似した攻撃が発生する可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
「ポイント付与」口実にカード利用者を誘い込む偽サイト
「静岡からアクセスあった」とだます偽Appleに注意
「MUFGカード」利用者を狙うフィッシング - 複数の文面用いて攻撃
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生