Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallクライアント」のインストーラーに脆弱性

セキュアブレインが提供するセキュリティ対策ソフト「PhishWallクライアント」のインストーラーに不正なファイルを読み込むおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

20160817__sb_001.jpg
セキュアブレインのダウンロードページ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のInternet Explorer版において、インストーラーの検索パスに問題があり、不正なライブラリファイルを読み込む可能性がある脆弱性「CVE-2016-4846」が存在するという。

「同3.7.8.1」および以前のインストーラが、旧バージョンの「Install Shield」により作成されていることに起因しており、インストーラを実行した権限で、任意のコードを実行されるおそれがある。

セキュアブレインでは、8月17日に修正バージョンをリリース。すでにインストール済みの場合は影響なく、あらたにインストールする場合は、同社ウェブサイトより最新版を入手するよう呼びかけている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性