Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallクライアント」のインストーラーに脆弱性

セキュアブレインが提供するセキュリティ対策ソフト「PhishWallクライアント」のインストーラーに不正なファイルを読み込むおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

20160817__sb_001.jpg
セキュアブレインのダウンロードページ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のInternet Explorer版において、インストーラーの検索パスに問題があり、不正なライブラリファイルを読み込む可能性がある脆弱性「CVE-2016-4846」が存在するという。

「同3.7.8.1」および以前のインストーラが、旧バージョンの「Install Shield」により作成されていることに起因しており、インストーラを実行した権限で、任意のコードを実行されるおそれがある。

セキュアブレインでは、8月17日に修正バージョンをリリース。すでにインストール済みの場合は影響なく、あらたにインストールする場合は、同社ウェブサイトより最新版を入手するよう呼びかけている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘