Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの3分の2は画面ロック型 - 暗号化型が急増中

Kaspersky Labは、ランサムウェアの傾向を取りまとめた。2015年度は、画面ロック型のランサムウェアが全体の3分の2を占め、緩やかな減少傾向にある一方、暗号化型ランサムウェアが急激に拡大しているという。

Kaspersky Labが、同社のマルウェア対策製品から収集した情報に基づき、ランサムウェアの状況について分析したもの。2014年3月から2016年4月までの2年間における状況を調べた。

2015年度に暗号型ランサムウェアに遭遇したユーザーは71万8536人。前年度の13万1111人から大きく拡大した。一方、画面ロック型のランサムウェアの攻撃を受けたユーザーは159万7395人と、「暗号化型」の約2倍にのぼる。しかしながら、顕著な増加を見せる「暗号化型」とは対照的に、2014年度の183万6673人から減少したという。

(Security NEXT - 2016/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも