Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス

キヤノンITソリューションズは、同社子会社を通じ、タイにおいてメール向けセキュリティ対策サービスを展開する。

タイの同社子会社Material Automationを通じて日系進出企業を中心に「GUARDIANセキュリティサービス」を提供するもの。具体的には、同サービスにおける「メール誤送信対策サービス」と「添付ファイルZIP暗号化サービス」の英語版サービスを展開する。

今後は、キヤノンITSと連携して、同サービスを毎年5000アカウントの販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ