Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「Unit 42」に日本国内のメンバー - 国内脅威動向を調査

パロアルトネットワークスは、脅威対策チーム「Unit 42」に日本国内のメンバーを追加した。今後国内の脅威動向なども反映していく。

「Unit 42」は、約50人のリサーチャーを抱える調査分析チーム。米国を中心に活動しているが、今回あらたに国内へリサーチャーを配置、国内独自の脅威動向などの調査を進める。

国内のリサーチを担当する林薫氏によれば、2016年に入り、マルウェア数、ファミリー数のいずれも、減少傾向にあるという。一方、攻撃対象国を見ると、トップの米国に続き、日本は2位から8位で推移するなど、引き続き攻撃者の標的となっており、予断を許さない状況だと指摘している。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か