Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報告は減少するものの、フィッシングサイトは増加

5月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシングの報告件数は676件で、3カ月連続の減少となった。一方、フィッシングサイトに用いられたURLは増加に転じている。

20160602_ap_001.jpg
フィッシング報告数の推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、5月に寄せられたフィッシングの報告件数は676件。前月の878件を202件下回った。

2015年12月以降、高い水準で推移し、2016年2月には一時3000件に迫る勢いを見せたが、それをピークに3カ月連続で減少した。

ただし、多い月でも600件程度だった2015年後半と比較すると、決して低い水準とはいえない状態が続いている。

5月に報告数が減少した背景には、金融機関に関連した報告の減少がある一方、オンラインゲームを対象としたフィッシングは依然として報告が多いという。

報告数が減少する一方、フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLは、前月から17件増となる305件。報告数と比例して2月より減少傾向にあったが、一転増加に転じた。フィッシングに悪用されたブランド件数は前月から1件減少し、18件だった。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに