Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、80件超の脆弱性が見つかる

神戸デジタル・ラボ(KDL)は、5月に開催した医療機器のハッキングコンテストで80件を超える脆弱性が発見されたことを明らかにした。

同コンテストは、5月28日、29日の2日間、同社とヒューマンスピリッツが共同で開催したもの。実際に国内で使用されている医療系ソフトウェアを解析し、脆弱性の発見を競うもので、6チーム18人が参加した。

今回のコンテストでは、全体で80件超の脆弱性が確認された。患者情報の流出やカルテ情報の改ざんなど深刻な事態につながるおそれのある深刻な脆弱性が、50件以上にのぼるという。

同コンテストで優勝を果たしたのはチーム「イプシロンデルタ」。もっとも深刻な脆弱性を発見。見つけた脆弱性の件数も最多だった。

(Security NEXT - 2016/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消