Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、80件超の脆弱性が見つかる

神戸デジタル・ラボ(KDL)は、5月に開催した医療機器のハッキングコンテストで80件を超える脆弱性が発見されたことを明らかにした。

同コンテストは、5月28日、29日の2日間、同社とヒューマンスピリッツが共同で開催したもの。実際に国内で使用されている医療系ソフトウェアを解析し、脆弱性の発見を競うもので、6チーム18人が参加した。

今回のコンテストでは、全体で80件超の脆弱性が確認された。患者情報の流出やカルテ情報の改ざんなど深刻な事態につながるおそれのある深刻な脆弱性が、50件以上にのぼるという。

同コンテストで優勝を果たしたのはチーム「イプシロンデルタ」。もっとも深刻な脆弱性を発見。見つけた脆弱性の件数も最多だった。

(Security NEXT - 2016/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性