Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、深刻な脆弱性に対処したアップデートをリリース

VMwareは、複数製品に対し、脆弱性を解消するアップデートをリリースした。深刻な脆弱性の修正も含まれる。

今回のアップデートでは、「vCenter Server」や「vCloud Director」「vSphere Replication」、およびアプライアンス版ではない「vRealize Operations Manager」の一部バージョンにおいて、深刻な脆弱性「CVE-2016-3427」を修正した。

同脆弱性は、「Java Management Extensions(JMX)」のRMIサーバにおける、認証情報のデシリアライズ処理に存在。認証なしでコマンドを実行されるおそれがある。

同社では、各製品に対してアップデートやパッチを用意。ただし、「vSphere Replication」に関しては、パッチの提供は未決定であり、「vROps」に対しては緩和策を案内している。

またWindows向けに提供している「VMware Workstation」「VMware Player」において、権限の昇格が生じる重要な脆弱性「CVE-2016-2077」を解消した。修正版として、「VMware Workstation 11.1.3」および「VMware Player 7.1.3」をリリースした。

(Security NEXT - 2016/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化