Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム停止させない更新手順を作成する新技術 - 1週間の作業が数分に

NECは、システムを停止せずに更新するための手順書を作成するAI技術をあらたに開発した。2017年度の実用化を目指している。

同技術は、運用中のシステム構成から目的となるシステム構成へ移行する際、依存関係や冗長性などを考慮し、システムを停止せずに更新できる手順を自動で作成するもの。

アプリケーションやミドルウェア、仮想マシン、ネットワークなど各システムの部品と、サービスを停止させない条件などを、更新手順の生成に必要な情報へと変換、合成できる抽象化技術を開発。AIプランニング技術によって自動的に生成する。

同社では、同技術を活用することで、1週間程度要していたシステム管理者による作成作業を数分で完了できると説明。運用管理ソフトウェアとして、2017年度の実用化を目指しているという。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」