Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に3人はセキュリティを独学

4人に3人は、セキュリティに関する正式な教育は受けていないことがわかった。

ESETが、2016年1月に国内でインターネットユーザーへセキュリティに関するアンケートを実施し、その結果をまとめたもの。18歳から55歳の1033人から回答を得た。

同調査によれば、セキュリティに関する正式な教育を受けたとの回答は26%。74%は教育を受けていないと答えた。

セキュリティの知識を獲得した場は、「職場のセミナーや研修」がもっとも多く53%で、半数超を占める。「小中高校、大学」が34%で続いた。さらに「独自に調査(24%)」、「業務上必要となった(19%)」「親、友人、同僚(7%)」といった回答も見られた。

(Security NEXT - 2016/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に