Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に3人はセキュリティを独学

4人に3人は、セキュリティに関する正式な教育は受けていないことがわかった。

ESETが、2016年1月に国内でインターネットユーザーへセキュリティに関するアンケートを実施し、その結果をまとめたもの。18歳から55歳の1033人から回答を得た。

同調査によれば、セキュリティに関する正式な教育を受けたとの回答は26%。74%は教育を受けていないと答えた。

セキュリティの知識を獲得した場は、「職場のセミナーや研修」がもっとも多く53%で、半数超を占める。「小中高校、大学」が34%で続いた。さらに「独自に調査(24%)」、「業務上必要となった(19%)」「親、友人、同僚(7%)」といった回答も見られた。

(Security NEXT - 2016/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
ライセンス監査受けた企業の6割で追加請求 - ガートナー調査
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上