Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LanScope Cat」に米Cylanceのマルウェア検知機能

エムオーテックスは、同社のIT資産管理ソリューション「LanScope Cat」の利用者向けに、マルウェア対策機能「プロテクトキャットPowered by Cylance」を今夏にリリースする。

米Cylanceより「CylancePROTECT」のOEM供給を受けたもの。同製品は、定義ファイルへ依存せず、ファイルの特徴からマルウェアを検知。オフラインでも利用できる。

「LanScope Cat」と連携も可能で、「LanScope Cat」の「ログキャット」を利用している場合は、取得データと組み合わせ、インシデント発生前後のPC操作ログから原因を特定できるほか、他端末に同じファイルが存在しないかを確認できる。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用