Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LanScope Cat」に米Cylanceのマルウェア検知機能

エムオーテックスは、同社のIT資産管理ソリューション「LanScope Cat」の利用者向けに、マルウェア対策機能「プロテクトキャットPowered by Cylance」を今夏にリリースする。

米Cylanceより「CylancePROTECT」のOEM供給を受けたもの。同製品は、定義ファイルへ依存せず、ファイルの特徴からマルウェアを検知。オフラインでも利用できる。

「LanScope Cat」と連携も可能で、「LanScope Cat」の「ログキャット」を利用している場合は、取得データと組み合わせ、インシデント発生前後のPC操作ログから原因を特定できるほか、他端末に同じファイルが存在しないかを確認できる。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
「VirusTotal」にCylanceエンジン - 「WannaCrypt」検知で優位性に自信
「Petya」亜種、複数ベンダーがメールによる拡散を確認 - 会計ソフトの更新機能も標的に
「Interop Tokyo 2017」が開催中 - セキュリティ関連ブースをチェック
KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス
GIGABYTE BRIXのUEFIファームウェア保護に脆弱性 - 一部はEOLで修正なし
Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック
ランサムウェア開発者がキーを消去 - ファイルは2度と復旧できない状態に
米Cylance、日本法人を設立 - 国内独自の脅威にも対応
日立ソ、定義ファイルに依存しないエンドポイント製品を取扱開始