Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュピターテク、端末操作を記録監視する米Teramind製ソリューション

ジュピターテクノロジーは、端末の操作内容を監視、記録する米Teramind製ソリューションの取り扱いを開始した。

「Teramind」は、監視ポリシーに従って端末の操作内容を監視、記録するソリューション。ライブや過去の操作画面を再生できるほか、特定操作を検出し、アラートを出したり、制限することが可能。操作内容を一覧できるダッシュボードや、レポート機能を提供するほか、SIEM製品との連携にも対応する。

価格は、1年間のサポートが付いた5ユーザーライセンスパッケージが17万4960円から。ターミナルサーバライセンスが84万2400円。管理用のアプライアンスは42万1200円から。VMwareやHyper-V向けの仮想アプライアンスは、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス