Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ntpd」に脆弱性、アップデートが公開 - 2016年だけで22件を修正

「ntpd(Network Time Protocol daemon)」に複数の脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が最新版へアップデートするよう呼びかけている。

今回公開したアップデート「同4.2.8p7」で11件の脆弱性を修正。さらに1月のアップデート「同4.2.8p6」でも11件対応している。いずれも重要度は「中(Medium)」だが、2016年に入ってから修正された脆弱性はあわせて22件に及んでいる。

修正された脆弱性には、攻撃者がネットワークを記録し、認証されたパケットを再度送りつけることで認証を回避する「デジャヴ攻撃(Deja Vu攻撃)」が可能となる脆弱性「CVE-2015-7973」や、入力を正しく検証せず、「スケルトンキー攻撃(Skeleton Key攻撃)」が可能となる「CVE-2015-7974」が含まれる。

またバッファオーバーフローの脆弱性や情報漏洩など複数の脆弱性が含まれており、認証なしにリモートよりDoS攻撃が可能となるほか、設定などを変更されるおそれがある。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

NTP-4.2.8p6で修正された脆弱性

CVE-2015-8158
CVE-2015-8138
CVE-2015-7979
CVE-2015-7978
CVE-2015-7977
CVE-2015-7976
CVE-2015-7975
CVE-2015-7974
CVE-2015-7973
CVE-2015-8140
CVE-2015-8139

NTP-4.2.8p7で修正された脆弱性

CVE-2016-1551
CVE-2016-1549
CVE-2016-2516
CVE-2016-2517
CVE-2016-2518
CVE-2016-2519
CVE-2016-1547
CVE-2016-1548
CVE-2015-7704
CVE-2015-8138
CVE-2016-1550

(Security NEXT - 2016/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず