Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーン推進協会が発足 - 34社が参加

ブロックチェーン技術の関連企業が参加する「ブロックチェーン推進協会(BCCC)」が設立された。

日本国内におけるブロックチェーン技術の普及啓発を推進する団体で、発起メンバーとして、34社が参加。当初は任意団体として運営し、2016年中に一般社団法人化を目指している。理事長には、インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏が就任した。

同団体では、ブロックチェーン技術は、情報システムに影響を与える技術である一方、国内では技術情報が共有されておらず、適用領域が限定的であると指摘。同協会を通じて情報交換や普及啓発を展開し、適用領域の拡大や資金調達支援などを進める。また海外のブロックチェーン団体と連携し、情報配信なども行っていく予定。

発起メンバーは以下のとおり。

アイリッジ
アララ
EMTG
イー・ガーディアン
IndieSquare
インフォテリア
漆間総合法律事務所
SJI
オウケイウェイヴ
オプトベンチャーズ
カタリベ
カレンシーポート
クローバーラボ
コンセンサス・ベイス
ConsenSys
さくらインターネット
GMOインターネット
テックビューロ
ドリコム
Nayuta
日本サード・パーティ
日本マイクロソフト
ハウインターナショナル
HASHコンサルティング
ビットバンク
BTCボックス
フィスコ
フィデルテクノロジーズ
ぷらっとホーム
BASE
ホットリンク
マネーパートナーズソリューションズ
Unitedly
ロックオン

(Security NEXT - 2016/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中