Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーン推進協会が発足 - 34社が参加

ブロックチェーン技術の関連企業が参加する「ブロックチェーン推進協会(BCCC)」が設立された。

日本国内におけるブロックチェーン技術の普及啓発を推進する団体で、発起メンバーとして、34社が参加。当初は任意団体として運営し、2016年中に一般社団法人化を目指している。理事長には、インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏が就任した。

同団体では、ブロックチェーン技術は、情報システムに影響を与える技術である一方、国内では技術情報が共有されておらず、適用領域が限定的であると指摘。同協会を通じて情報交換や普及啓発を展開し、適用領域の拡大や資金調達支援などを進める。また海外のブロックチェーン団体と連携し、情報配信なども行っていく予定。

発起メンバーは以下のとおり。

アイリッジ
アララ
EMTG
イー・ガーディアン
IndieSquare
インフォテリア
漆間総合法律事務所
SJI
オウケイウェイヴ
オプトベンチャーズ
カタリベ
カレンシーポート
クローバーラボ
コンセンサス・ベイス
ConsenSys
さくらインターネット
GMOインターネット
テックビューロ
ドリコム
Nayuta
日本サード・パーティ
日本マイクロソフト
ハウインターナショナル
HASHコンサルティング
ビットバンク
BTCボックス
フィスコ
フィデルテクノロジーズ
ぷらっとホーム
BASE
ホットリンク
マネーパートナーズソリューションズ
Unitedly
ロックオン

(Security NEXT - 2016/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開