Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定例パッチで「Java SE」の脆弱性9件を解消 - 3月の更新とは異なる修正のため注意を

Oracleは、四半期に1度公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で、「Java SE」における複数の深刻な脆弱性を修正した。3月にも緊急アップデートを行っているが、異なる脆弱性への対応であり、注意が必要だ。

同社は今回のアップデートで、9件の脆弱性を修正。そのうち「CVE-2016-3443」「CVE-2016-0687」「CVE-2016-0686」の3件は、「CVSS v3」のスコアがいずれも「9.6」。「7.0」以上で5段階中もっとも高い「緊急」や次に高い「重要」とされる脆弱性は、これら3件を含めて5件にのぼる。

また同社では、3月23日に脆弱性「CVE-2016-0636」を修正するアップデートを急遽公開しているが、今回のアップデートが対象としている脆弱性は異なるもので、再度アップデートを行う必要がある。

影響を受けるのは、「Java 8 Update 77」「同7 Update 99」「同6 Update 113」で、同社やセキュリティ関連機関では、早期にアップデートするよう注意を呼びかけている。

20160420_oj_001.jpg
修正した脆弱性の一覧(表:Oracle)

(Security NEXT - 2016/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
「WinRAR」が19年来の脆弱性を修正 - 公表後に悪用も
Javaフレームワーク「Nablarch」に深刻な脆弱性 - 早急に対応を
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ