Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、暗号化トラフィックを可視化する専用アプライアンス

A10ネットワークスは、暗号化されたトラフィックを可視化するアプライアンス「Thunder SSL Insight」を提供開始した。

同製品は、SSL通信を復号してセキュリティ機器に転送するアプライアンス。同社ではこれまでもゲートウェイ「Thunderシリーズ」において暗号化トラフィックを可視化する機能を提供してきたが、あらたに同機能に特化した専用アプライアンスを投入した。

SSL通信において最大48Gbpsのスループットに対応。トラフィックステアリング機能により、送信元やコンテンツの種類に応じて適切な機器に復号処理したトラフィックを転送するという。

医療機関や金融機関など慎重に扱うべき特定のウェブサイトとの通信に対する監視やブロック、SSL可視化対象から除外する選択的迂回を行うほか、同社の脅威情報サービスとの連携に対応。不正なIPアドレスのアクセスをブロックする。

(Security NEXT - 2016/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
「Tenable Appliance」にXSSの脆弱性 - 最新版で修正済み
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で
Ciscoセキュリティ製品に深刻なRCEの脆弱性 - Catalyst向けモジュールにも影響
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加