Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトを勝手に暗号化、金銭要求するランサムウェア - 100件以上の被害

ウェブサイトを暗号化するあらたなランサムウェアの被害が発生している。「CTB-Locker」の亜種でビットコインを要求していた。

「CTB-Locker」は、もともとWindowsを狙うランサムウェアとして2014年ごろに登場。「アフィリエイトプログラム」などを利用して感染を拡大したことで知られている。

20160401_cl_002.jpg
感染後にウェブサイト上で表示されるページ

今回感染が確認されたのは、ウェブサイトのコンテンツを狙う「CTB-Locker」の亜種。ウェブサーバ上のファイルを暗号化するもので、仏Stormshieldの研究者は、2月末の時点で100以上の被害サイトを確認したという。3月に入ってからも被害が発生している。

問題のマルウェアは、PHPで作成されており、感染するとウェブサイトのデータを暗号化。HTMLファイルやJavaScriptファイルなどを生成し、ビットコインによる支払いを要求する。

要求金額は変動があるようだが、確認したケースでは、0.15BTCの支払を求めており、期限が過ぎると金額を0.3BTCへ釣り上げると脅していた。また感染後に2種類のファイルが解読できる機能や、攻撃者とチャットする「サポート機能」も用意されている。

詳しい感染原因はわかっていないが、サイト管理者のアカウント情報を攻撃者がなんらかのかたちで入手したり、サイトの脆弱性が悪用されるなど、PHPファイルをアップロードできる状態となっていたことが原因とみられている。

被害を防ぐため、セキュリティベンダーでは、ウェブサイトの運営者に、適切なアクセス制御やパスワードの利用、脆弱性の解消、バックアップ、マルウェア対策製品の活用など、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も