Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ企業と学生の交流会を開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティ企業のインターンシップに興味を持つ学生と企業による「産学情報セキュリティ人材育成交流会」を、4月23日に東京大学で開催する。

同イベントでは、インターンシップの受け入れを検討しているセキュリティ企業と、インターンシップに興味を持つ学生の交流する場を提供。長期の就労体験に関する学生の不安解消を目指している。

基調講演には、トレンドマイクロの新井悠氏が登壇。セキュリティ業界に入った理由を説明するとともに、学生の興味や疑問に答える。またパネルディスカッションやライトニングトーク、懇親会などを予定している。

会場は、東京大学本郷キャンパスで参加費は無料。遠方から参加する学生には上限5000円で往復交通費の半額を補助する。定員は100人で、事前申込が必要。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大