Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ企業と学生の交流会を開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティ企業のインターンシップに興味を持つ学生と企業による「産学情報セキュリティ人材育成交流会」を、4月23日に東京大学で開催する。

同イベントでは、インターンシップの受け入れを検討しているセキュリティ企業と、インターンシップに興味を持つ学生の交流する場を提供。長期の就労体験に関する学生の不安解消を目指している。

基調講演には、トレンドマイクロの新井悠氏が登壇。セキュリティ業界に入った理由を説明するとともに、学生の興味や疑問に答える。またパネルディスカッションやライトニングトーク、懇親会などを予定している。

会場は、東京大学本郷キャンパスで参加費は無料。遠方から参加する学生には上限5000円で往復交通費の半額を補助する。定員は100人で、事前申込が必要。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中