Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ企業と学生の交流会を開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティ企業のインターンシップに興味を持つ学生と企業による「産学情報セキュリティ人材育成交流会」を、4月23日に東京大学で開催する。

同イベントでは、インターンシップの受け入れを検討しているセキュリティ企業と、インターンシップに興味を持つ学生の交流する場を提供。長期の就労体験に関する学生の不安解消を目指している。

基調講演には、トレンドマイクロの新井悠氏が登壇。セキュリティ業界に入った理由を説明するとともに、学生の興味や疑問に答える。またパネルディスカッションやライトニングトーク、懇親会などを予定している。

会場は、東京大学本郷キャンパスで参加費は無料。遠方から参加する学生には上限5000円で往復交通費の半額を補助する。定員は100人で、事前申込が必要。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス