Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業外部のパソコンを対象に企業研修を実施できる新サービスを、4月1日より提供開始する。

日本ユニシスのUSB型認証キー「SASTIK」と、システム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」を組みあわせて提供するもの。

クラウドへの暗号化通信や専用ブラウザによるアクセスし、閲覧したデータをパソコンに残存せずにeラーニング形式による研修を受講者向けに提供可能。受講履歴の管理にも対応している。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御