Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業外部のパソコンを対象に企業研修を実施できる新サービスを、4月1日より提供開始する。

日本ユニシスのUSB型認証キー「SASTIK」と、システム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」を組みあわせて提供するもの。

クラウドへの暗号化通信や専用ブラウザによるアクセスし、閲覧したデータをパソコンに残存せずにeラーニング形式による研修を受講者向けに提供可能。受講履歴の管理にも対応している。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習