Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コモド、メールサーバ向け証明書をリリース

コモドジャパンは、メールサーバに特化した証明書「ドメイン認証タイプSSLメールオプション」を提供開始した。

同オプションは、メールサーバにおけるSSL/TLS通信用の証明書。「POP over SSL(POP3s)」「IMAP over SSL(IMAP4s)」「SMTP over SSL(SMTPs)」「STARTTLS」に対応している。

同社は、メールサーバ向けにウェブサーバ用証明書を提供していたが、メールサーバでは不要となるシール表示やクレジットカードの取引損害を補償するプログラムなどを省略し、価格を抑えたという。価格は1年で5700円、2年で7920円、3年で1万1360円。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
北朝鮮グループ由来の新種トロイの木馬「BANKSHOT」が判明 - 米政府が注意喚起
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
Savitech製USBオーディオ機器ドライバが勝手にルート証明書を追加
OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下