Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コモド、メールサーバ向け証明書をリリース

コモドジャパンは、メールサーバに特化した証明書「ドメイン認証タイプSSLメールオプション」を提供開始した。

同オプションは、メールサーバにおけるSSL/TLS通信用の証明書。「POP over SSL(POP3s)」「IMAP over SSL(IMAP4s)」「SMTP over SSL(SMTPs)」「STARTTLS」に対応している。

同社は、メールサーバ向けにウェブサーバ用証明書を提供していたが、メールサーバでは不要となるシール表示やクレジットカードの取引損害を補償するプログラムなどを省略し、価格を抑えたという。価格は1年で5700円、2年で7920円、3年で1万1360円。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開