Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コモド、メールサーバ向け証明書をリリース

コモドジャパンは、メールサーバに特化した証明書「ドメイン認証タイプSSLメールオプション」を提供開始した。

同オプションは、メールサーバにおけるSSL/TLS通信用の証明書。「POP over SSL(POP3s)」「IMAP over SSL(IMAP4s)」「SMTP over SSL(SMTPs)」「STARTTLS」に対応している。

同社は、メールサーバ向けにウェブサーバ用証明書を提供していたが、メールサーバでは不要となるシール表示やクレジットカードの取引損害を補償するプログラムなどを省略し、価格を抑えたという。価格は1年で5700円、2年で7920円、3年で1万1360円。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ