Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立シス、リスク評価やセキュリティレベルを保つサービスを開始

日立システムズは、買収した加Abave Securityの技術を活用し、セキュリティリスクの評価サービスと、セキュリティ対策の運用状態を監視し、一定のレベルを維持するサービスを提供開始した。

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」は、企業の情報資産における脆弱性や脅威などのリスクを独自の分析手法で数値化し、リスクを評価するもので、評価結果に基づいて、実行すべき対策の優先順位付けを行う。

評価に用いるフレームワークは、加Abave Securityが北米で金融機関やインフラ事業者、医療機関などへ展開するものを日本国内向けにアレンジした。

一方、「SHIELD セキュリティリスク管理サービス」は、Abave Securityのセキュリティリスク管理ソフトウェアと同社SOCを組み合わせたサービス。

顧客企業における脆弱性対策の状況や攻撃の有無などセキュリティ運用状態を定常的に監視。セキュリティ体制の有効性を評価し、対策すべきポイントを洗い出すという。サイバー攻撃を検知した場合は、通知するとともにセキュリティオペレーションセンターが攻撃の遮断などを行う。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG