Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山口県の外国人向け観光情報サイトに不正アクセス - 個人情報が漏洩

山口県の外国人向け観光情報サイトが不正アクセスを受け、問い合わせを行った人の個人情報が流出したことがわかった。

不正アクセスを受けたのは、山口県国際観光推進協議会が運営する外国人向け観光情報サイト「Japan Travel Guide Yamaguchi」。

3月22日に内閣サイバーセキュリティセンターより指摘があり、問題が発覚。サイトを閉鎖して調査を行ったところ、3月15日から21日にかけて不正アクセスを受けていたことが判明した。

氏名やメールアドレスなど197件のほか、電話番号78件の流出が確認されているが、不正アクセスを受けたサーバには、サイトに問い合わせを行った285人の氏名やメールアドレスのほか、任意で登録した住所や電話番号が保存されており、これらが漏洩した可能性がある。

同サイトでは、3月末にリニューアルを予定しており、閉鎖した観光情報サイトについてはセキュリティ対策を講じたうえで、新規に開設する方針。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚
不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県
「Struts 2脆弱性」を攻撃された特許情報サイト「J-PlatPat」が再開 - 情報漏洩を否定
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因