Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山口県の外国人向け観光情報サイトに不正アクセス - 個人情報が漏洩

山口県の外国人向け観光情報サイトが不正アクセスを受け、問い合わせを行った人の個人情報が流出したことがわかった。

不正アクセスを受けたのは、山口県国際観光推進協議会が運営する外国人向け観光情報サイト「Japan Travel Guide Yamaguchi」。

3月22日に内閣サイバーセキュリティセンターより指摘があり、問題が発覚。サイトを閉鎖して調査を行ったところ、3月15日から21日にかけて不正アクセスを受けていたことが判明した。

氏名やメールアドレスなど197件のほか、電話番号78件の流出が確認されているが、不正アクセスを受けたサーバには、サイトに問い合わせを行った285人の氏名やメールアドレスのほか、任意で登録した住所や電話番号が保存されており、これらが漏洩した可能性がある。

同サイトでは、3月末にリニューアルを予定しており、閉鎖した観光情報サイトについてはセキュリティ対策を講じたうえで、新規に開設する方針。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明