Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット