Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市