Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出