Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会