Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

飛来音で300メートル先のドローンを検知するシステム

パナソニックシステムネットワークスは、飛来音で約300メートル先のドローンを検知できる「ドローン検知システム」を開発し、受注を開始した。

同システムは、飛来するドローンを音声により検知するシステム。従来より16個の無指向性マイクを円形に配置したモデルを展開してきたが、感度を上げるため、あらたにマイクを32個に増強したモデルを開発。

コントロールソフトの見直しも行い、環境騒音レベル46デシベルの場合、距離1メートルで発生音量レベルが85デシベルSPLのドローンであれば、約300メートル先の飛来音を検知することが可能だという。

また旋回やズーム機能、レンズを上下に振るチルト機能を搭載した監視カメラシステムと連携。マイクで飛来音を検知した後、ドーロンの機体をカメラ映像で確認することができる。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を