Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み

ESETのセキュリティ対策ソフトにおいて、特定の定義ファイルが原因でウェブサイトなどへアクセスできなくなる不具合が一時生じた。すでに修正済みの定義ファイルを配信している。

同製品を扱うキヤノンITソリューションズによれば、2月29日18時から同日19時ごろにかけて配信された定義ファイル「13102」に不具合が含まれていたもの。ESET製の法人向けサーバ製品やクライアント製品、コンシューマー向け製品が対象で、「Windows」「Mac OS X」のいずれも影響を受けたという。

「JavaScript」や「HTML」のチェックに問題があり、適用すると「HTML/Refresh.BC トロイの木馬」や「JS/ScrInject.B トロイの木馬」を誤って検出し、ウェブサイトへアクセスができない状態となった。

不具合を修正した「13103」を同日20時半ごろより配信しており、以降のバージョンが適用されている状態であれば影響を受けない。障害が発生している場合は、最新の定義ファイルを更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得