Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「早い」「うまい」「安い」を探すサイバー攻撃者 - 実態は平均年収3万ドル未満

サイバー攻撃者は、どのような標的を好むのか。米Palo Alto Networksは、同社が後援したPonemon Instituteによるアンケート調査を発表した。

同調査は、サイバー攻撃者の視点に着目したもので、米国、英国、ドイツでサイバー攻撃に詳しいとされる379人が匿名で回答したという。回答者は79%が攻撃者のコミュニティに参加しているとしており、年間の平均収益は3万ドル未満。

今回の調査では、72%が価値の高い情報が簡単に入手できない攻撃には時間を費やさないと回答。73%はコストのかからない安上がりな標的を探していた。

また攻撃から40時間経過しても攻撃が成功しないと、多い場合で6割があきらめていた。熟練した技術を持つ攻撃者であっても、平均209時間経過しても攻撃が成功しないと、別の標的に移動していたという。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性
【特別企画】上半期登場の新手DDoS攻撃を名和氏が分析 - 状況認識のための可視化の重要性を解説
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
「Elasticsearch」脆弱性狙う攻撃が増加傾向 - 仮想通貨発掘目当てか
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱