Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLの更新が3月1日に公開予定 - 重要性「高」含む脆弱性に対処

「OpenSSL 1.0.2g」「同1.0.1s」がまもなくリリースされる予定だ。開発者チームがメーリングリストで明らかにした。

次回のリリースは、3月1日の公開を計画しており、重要度が「高」にレーティングされている脆弱性を含む複数のセキュリティに関する問題へ対処する予定。

また「同1.0.1」のサポートが2016年末に終了するとしてあわせて注意を促している。

(Security NEXT - 2016/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供