Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLの更新が3月1日に公開予定 - 重要性「高」含む脆弱性に対処

「OpenSSL 1.0.2g」「同1.0.1s」がまもなくリリースされる予定だ。開発者チームがメーリングリストで明らかにした。

次回のリリースは、3月1日の公開を計画しており、重要度が「高」にレーティングされている脆弱性を含む複数のセキュリティに関する問題へ対処する予定。

また「同1.0.1」のサポートが2016年末に終了するとしてあわせて注意を促している。

(Security NEXT - 2016/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性