Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Oracle Outside In」の脆弱性に注意 - Oracle以外の製品にも影響

Oracleは、1月に公開した「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Oracle Outside In」の脆弱性を修正した。同ソフトは他ベンダー製品でも広く利用されており、注意が必要だ。

「Oracle Outside In」は、500種類以上のファイル形式に対応しているファイルフォーマットを変換するためのソフトウェア開発キット(SDK)。

「同8.5.2」および以前のバージョンにおいて、「wk4ファイル」の取り扱いに脆弱性「CVE-2015-6013」が含まれるほか、「docファイル」処理に「CVE-2015-6014」、「Paradox DBファイル」の処理に「CVE-2015-6015」が存在。細工されたファイルを開くと、バッファオーバーフローが発生し、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

CERT/CCでは、脆弱性の影響を受ける製品の例として、「Oracle Fusion Middleware」のほか、「Microsoft Exchange」「Google Search Appliance」「Guidance Encase Forensics」「AccessData FTK」「Novell Groupwise」を挙げているほか、Cisco SystemsやMcAfee、IBM、Aviraなどの一部製品も影響を受けるとしている。

CERT/CCでは、CPUの適用を呼びかけるとともに、Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)による緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用