Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ATMとF.TRON、ATM向けマルウェア対策を共同開発

日本ATMは、F.TRONに資本参加し、金融機関の現金自動預払機(ATM)向けのセキュリティ対策サービスを共同開発することで合意したと発表した。

両社は、OSとCPU間の動作を監視して不正なコマンドの実行を防ぐF.TRON製のセキュリティ対策ソフト「INTΦ」を活用したATM向けセキュリティ対策サービスを共同で開発する。

日本ATMでは、無線通信におけるデータの盗聴防止や、マルウェア対策などを備えたセキュリティ対策ソリューションを、ATM監視業務の追加サービスとして展開していく考え。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
探索されるMQTT中継サーバ - 不用意な外部公開に注意を
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断