Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla!」脆弱性を突かれスパム送信の踏み台に - 藤沢市関連サイト

「えのしま・ふじさわポータルサイト(えのぽ)」が不正アクセスを受け、スパムメール送信の踏み台に悪用されていたことがわかった。

同サイトは、藤沢市が開設し、その後NPO法人である湘南ふじさわシニアネットが藤沢市と協働運営の協定のもと運営する地域のポータルサイト。藤沢市によれば、同サイトで利用するコンテンツマネージメントシステム(CMS)の「Joomla!」とPHPの既知の脆弱性が突かれ、不正アクセスを受けたという。

2015年12月24日にサーバの負荷が急増したことからサーバを停止。1月12日より同市が調査を行っていたが、今回の不正アクセスにより、同サーバより約60万件のスパムメールが送信されていたことが判明した。

同サイトでは、「健康づくり応援団」「おいしいふじさわ産」「いきいきシニアライフ」「自治会・町内会ページ」などのコンテンツも運営しているが、いずれも個人情報を扱っておらず、情報漏洩はないと説明している。

同サイトは現在も停止しており、セキュリティ対策など再発防止策を講じたうえで再開する予定。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース