Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドのパスワード管理ソフトに複数の脆弱性 - 修正版を配信

トレンドマイクロは、同社が提供するパスワード管理ソフト「パスワードマネージャー」に複数の脆弱性が含まれていたことを明らかにした。すでに修正版を配信しているという。

20160115_tm_001.jpg
脆弱性を修正した「パスワードマネージャー」

同社によれば、1月6日に外部の研究者より指摘を受けたもの。WindowsおよびMac OS X向けに提供している「同3.5」が影響を受ける。脆弱性が突かれると任意のコマンドを実行され、パスワードが外部より参照される可能性がある。

1月8日に修正を公開したが、その後再び脆弱性について指摘があり、1月11日に再度修正プログラムをすべてのユーザーに対して配信したという。修正版適用後のバージョンはWindowsが「同3.5.(0).1298」、Mac OS Xが「同3.5.1116」。

さらに同社では、1月14日より機能の改善や追加で修正を行うプログラムを順次配布する予定。パスワードマネージャーの専用ブラウザに関しては、仕様変更にともない、アップデート適用後は一時的利用できなくなる。同社では再度アップデートを提供し、修正する予定。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「F-RevoCRM」にXSSの脆弱性 - アップデートで修正
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
Google、脆弱性に対処した「Chrome 79.0.3945.117」をリリース