Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、標的型攻撃の監視防御サービス

SCSKは、組織に対する標的型攻撃の監視や、不正通信の遮断による防御を行うサービスを提供開始した。

同サービスは、米Lastlineのサンドボックスを活用したサイバー攻撃への対策サービス。「標的型攻撃監視サービス」では、マルウェアの検出状況を同社の監視センター「SCSK SOC」で監視。検知時は分析を行い、顧客の環境に応じた対策を連絡する。

一方、「標的型攻撃防御サービス」では、監視サービスに加え、ネットワーク機器を運用し、必要に応じて不正な通信をブロックし、情報漏洩など被害の拡大を防ぐ。

価格は、1000ユーザー契約の場合、1ユーザーあたり年額1万6200円。同社では1年間で10社のサービス導入を目指し、サービスを展開していく。

20160114_ss_001.jpg
サービス概要(図:SCSK)

(Security NEXT - 2016/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を
Adobe Flash Playerにゼロデイ攻撃が発生 - 2月5日の週に修正予定
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを