Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院職員が個人情報を持ち出しか - 削除されたデータの復旧作業で判明

千葉県東金市の浅井病院において、職員が個人情報を持ち出した可能性があることがわかった。持ち出したと見られる職員は返却せず、すでに退職しているという。

同院によれば、同院精神科デイケア科で利用されている「高齢者能力維持・予防プログラム」のスタッフ用パソコンから、データが無断で持ち出されたもの。

同パソコンに保存されていた業務関連データが何者かに削除されたことが2015年10月30日に判明。その後のデータ復旧作業から同パソコン内から個人情報を含むデータがUSBメモリにコピーされ、持ち出されていたことが判明したという。

パソコンのアクセス履歴や、複数の目撃証言から、持ち出した可能性が高い職員を特定。同院では同職員にデータを返却するよう求めたが応じず、11月30日にそのまま退職したという。

持ち出されたデータは、プログラムに登録されている利用者の氏名や住所、電話番号、IDのほか、緊急連絡先の氏名や続柄、電話番号、通所開始日などが含まれる。同院では、対象となる利用者に書面で謝罪。所管する山武健康福祉センターへ届けた。

(Security NEXT - 2016/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者