Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正