Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める