Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生