Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験