Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerDNSの権威DNSサーバにDoS攻撃のおそれ

オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」にリモートからDoS攻撃が可能となる深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発元であるPowerDNS.COMや関連機関が注意を呼びかけている。

権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」の「同3.4.4」から「同3.4.6」までに、脆弱性「CVE-2015-5311」が存在することが判明したもの。パケットの解析処理に問題があり、特定の問い合わせを処理した際にクラッシュするという。

PowerDNS.COMでは、脆弱性の修正版「同3.4.7」や修正パッチを用意。リモートより攻撃が可能であり、同社や日本レジストリサービス(JPRS)では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
権威DNSサーバ「NSD」にアップデート - 脆弱性を解消
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を