Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Wireshark 2.0」がリリース - パケット分析機能を強化

リバーベッドテクノロジーは、オープンソースのパケット解析ツールの新版「Wireshark 2.0」をリリースした。

新版では、あたらしいアプリケーションフレームワークの採用。パケットレベルの分析機能を強化した。日本語を含む7カ国語に対応している。

列表示やソートなどの機能を高速化したほか、ファイルタリングに対応したエキスパートアイテムや対話フィルタオプション、スクロールバーの自動制御機能を追加。またSSLディセクタの改良、メニュー項目の見直しなど実施している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ