Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Wireshark 2.0」がリリース - パケット分析機能を強化

リバーベッドテクノロジーは、オープンソースのパケット解析ツールの新版「Wireshark 2.0」をリリースした。

新版では、あたらしいアプリケーションフレームワークの採用。パケットレベルの分析機能を強化した。日本語を含む7カ国語に対応している。

列表示やソートなどの機能を高速化したほか、ファイルタリングに対応したエキスパートアイテムや対話フィルタオプション、スクロールバーの自動制御機能を追加。またSSLディセクタの改良、メニュー項目の見直しなど実施している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意