Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、認証制御製品「ISE」を機能強化 - pxGrid参加は30社に

シスコシステムズは、クラウド、ネットワーク、エンドポイント向け製品のセキュリティ機能を強化した。

20151110_ci _001.jpg
記者説明会に登壇したセキュリティ事業部長の桜田仁隆氏とセキュリティエバンジェリストの西原敏夫氏

今回の機能強化は、同社が展開する「Security Everywhere」戦略の一環。具体的には、ネットワークやVPN、エンドポイントを監視し、認証制御を可能とする「Identity Services Engine(ISE)」をはじめ、同社製品の機能やサービスの強化を行った。

「ISE」では、従来のデバイスやユーザーベースのポリシーにくわえ、ロケーションポリシーを作成し、適用することが可能。アクセスを行った場所による制御が可能となる。

また同社では、「ISE」を活用し、参加ベンダー間で脅威情報を共有するエコシステム「Cisco Platform Exchange Grid(pxGrid)」を展開しているが、あらたにCheck Point Software TechnologiesやInfobloxをはじめ、9社があらたにくわわり、参加パートナーは30社となった。

さらに既存サービス「Cisco Smart Net Total Care Service」を利用する中小企業に対し、検知した脅威情報をダッシュボードより提供する「Thereat Awareness」を追加。

同社VPNソリューション「AnyConnect」において、VPN接続しているユーザーのIPFIX情報を取得することが可能となったほか、「OpenDNS」の買収により、ドメインネームのレピュテーションサービスなどポートフォリオを強化している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO