Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知の差出人が「市役所?」 - 三郷市

埼玉県三郷市は、配達中のマイナンバー通知カードにおいて、宛名台紙の記載に印字ミスが見つかったと発表した。マイナンバー自体への影響はないという。

同市によれば、マイナンバー通知カードの封筒に入っている宛名台紙の差出人が「三郷市役所?市民課」と印字されている通知が見つかったもの。台紙作成時の文字変換ミスにより、不要な「?」が挿入されたのが原因で、通知カードや個人番号への影響はないとしている。

同市では、今回の記載ミスに便乗した詐欺が発生するおそれもあるとして、住民に注意を呼びかけている。職員や警察官が通知カードを預かったり、個人番号を聞き出すことはないとして、マイナンバーに関連した訪問や電話などを受けた場合は、同市に連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷