Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知の差出人が「市役所?」 - 三郷市

埼玉県三郷市は、配達中のマイナンバー通知カードにおいて、宛名台紙の記載に印字ミスが見つかったと発表した。マイナンバー自体への影響はないという。

同市によれば、マイナンバー通知カードの封筒に入っている宛名台紙の差出人が「三郷市役所?市民課」と印字されている通知が見つかったもの。台紙作成時の文字変換ミスにより、不要な「?」が挿入されたのが原因で、通知カードや個人番号への影響はないとしている。

同市では、今回の記載ミスに便乗した詐欺が発生するおそれもあるとして、住民に注意を呼びかけている。職員や警察官が通知カードを預かったり、個人番号を聞き出すことはないとして、マイナンバーに関連した訪問や電話などを受けた場合は、同市に連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス