Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が住基台帳や課税台帳などデータ18万件を持出 - 西原村

熊本県西原村の職員が、住民基本台帳や課税台帳などの行政データを自宅のパソコンやハードディスクに保管していたことがわかった。現時点で外部流出は確認されていないという。

同村において行政情報の取り扱いについてチェックを行ったところ、職員が個人のハードディスクにデータをコピーし、自宅へ持ち出していたことが判明したもの。職員は、「業務のためとデータ分析への興味から収集した」と話しているという。

これまでの調査で、住民基本台帳や県村民税課税台帳、生活保護受給者名簿など住民の個人情報含むデータ18万件が持ち出されたことが判明した。外部流出は確認されていない。

同村では職員のパソコンとハードディスクを押収し、解析を行っている。今回の問題を受け、職員の意識向上やセキュリティ対策を講じる。

(Security NEXT - 2015/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市