Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

疫学調査データ入りPCがマルウェア感染 - 情報流出は確認されず

富山大学において、「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の参加者情報を含むパソコンがマルウェアへ感染する被害が発生した。個人情報の流出は確認されていないという。

エコチル調査は、環境中の化学物質などが子どもの健康に与える影響を調べる疫学調査。全国で10万組の親子を対象に実施している。

同大医学部内に設置している富山ユニットセンターでは、富山県内におけるエコチル調査を担当しているが、同センターのパソコンにマルウェアが感染していることが8月4日に判明した。

規定では、エコチル調査参加者の個人情報は、調査の専用端末でのみ扱うよう定められていたが守られておらず、データが保存されていた別の端末でマルウェアの感染が発生。個人情報が外部へ漏洩した可能性もあるとして調査を進めていた。

同大学では外部専門機関をまじえて調査を実施したが、その結果、個人情報の漏洩は確認されていないとし、漏洩した可能性も低いとの結果を取りまとめた。

調査を実施している環境省や国立環境研究所では、調査参加者に結果を報告。また同センターを含む全国15カ所のユニットセンターに対し、個人情報管理の徹底を求めた。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化