Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

疫学調査データ入りPCがマルウェア感染 - 情報流出は確認されず

富山大学において、「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の参加者情報を含むパソコンがマルウェアへ感染する被害が発生した。個人情報の流出は確認されていないという。

エコチル調査は、環境中の化学物質などが子どもの健康に与える影響を調べる疫学調査。全国で10万組の親子を対象に実施している。

同大医学部内に設置している富山ユニットセンターでは、富山県内におけるエコチル調査を担当しているが、同センターのパソコンにマルウェアが感染していることが8月4日に判明した。

規定では、エコチル調査参加者の個人情報は、調査の専用端末でのみ扱うよう定められていたが守られておらず、データが保存されていた別の端末でマルウェアの感染が発生。個人情報が外部へ漏洩した可能性もあるとして調査を進めていた。

同大学では外部専門機関をまじえて調査を実施したが、その結果、個人情報の漏洩は確認されていないとし、漏洩した可能性も低いとの結果を取りまとめた。

調査を実施している環境省や国立環境研究所では、調査参加者に結果を報告。また同センターを含む全国15カ所のユニットセンターに対し、個人情報管理の徹底を求めた。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布